参加アーティスト・作品


            TABATHA              短距離男道ミサイル        Baobab             太めパフォーマンス                            6-dim+

TABATHA

 

TABATHA爆発枝光PARTY!!番外編03

「FIESTA!!~わたしのメキシコ~at 枝光」

 

2014年に単独PARTYで敢行した「FIESTA!!~わたしのメキシコ~」は、メキシコの死者の祭りをテーマにしたTABATHAの代表作

「わたしのメキシコ(10分作品)」が長編作品となりPARTYと

化した。ダンスと音楽と映像とお酒と!

                         老若男女みんなが楽しめるパフォーマンスパーティー!

                          踊りたい衝動を爆発させよう!

 

 

振付・構成・演出 岡本優

出演 工藤響子・柴田菜々子・四戸由香・岡本優

チケット:前売り 2,000円 当日 2,500円

     学生 1,000円     小学生以下 無料

 

TABATHA(from東京都)

岡本優が振付・構成・総合演出を行う。メンバーは工藤響子、柴田菜々子、四戸由香。クラシックバレエを基礎とする振付には、コンプレックスを抱える己れの恐怖心や羞恥心を超え、身体の可能性を伸張し、POPでいて強烈な、重量感のある身体表現を目指す。人を巻き込むパーティー形式のパフォーマンスを得意とし、初めてダンスを見る方でも親しみやすく、観客を楽しませる。また、衣装や装飾にこだわりを持ち、視覚的に目を引く演出を展開する。絶大な信頼関係でよりストイックな作品づくりを目指す。MV・映像作品にも出演するなど、活動の幅を広げている。ちょっとダサくて、かっこいい。一度見たら病みつきになるような、全員めがねの爆発ダンス集団。


劇団 短距離男道ミサイル

 

劇団 短距離男道ミサイル23発目 裸の古典シリーズ#4
「走れタカシ~僕が福島まで走った理由(わけ)~今度の東北は走って巡る!?一年も経たないうちにまた廻っちゃいます!!東北六県ぐるっと一周り&九州二都市弾丸ツアー?おいおいお前ら、無茶しやがって・・・編」

 

 

 

タカシは激怒した。
虚弱体質の劇団代表、ホンダを除かねばならないと思った
タカシは俳優である。そして単純な男であった。
私が今後、劇団の雑務すべてを担います。ただ・・・
タカシの口から語られる、地元福島への想い。
劇団一の年長者、コハマは無言で頷き、縄打たれた
タカシは、走った。財布には一銭の現金も、Suica残高もなかった。
タカシは、黒い風のように走った。ほとんど全裸体であった。
タカシは、胸の張り裂ける思いで、赤く大きい夕陽ばかりを見つめていた。
タカシは福島へ走った。
走れ!タカシ。

前作、人間失格ツアーを1,000名動員で締めくくり、「CoRich舞台芸術まつり!2017春」では同作で日本一を獲得、益々注目を集める短距離男道ミサイル。
この秋、太宰治「走れメロス」でふたたび東北一周、そして遙か南端の地、九州への旅に出る!

前作に続き、東北の文豪作品を自身に重ね舞台化する、唯一無二の自叙伝スペクタクル活劇!これ以上ない壮大なスケールでお贈りする、これ以上ない小さな日常を生きる漢(おとこ)たちの物語を見逃すな!! 

 

 

原作:太宰治「走れメロス」
脚本・演出:澤野正樹
出演:本田椋 加藤隆 小濱昭博
音楽:榊原光裕
美術:小森隆之
映像:山内健太、八木橋慶
照明:神﨑 祐輝
音響:中田里司
衣裳:富永美夏
小道具:髙橋舞ー趣味屋こめたろう.
舞台監督:山澤和幸
記録:木村ブラリーノ
イラスト:あらすけ

宣伝:三澤一弥

チケット:一般2,000円 高校生以下500円

 

劇団 短距離男道ミサイル(from宮城県/仙台市)

2011年4月、東日本大震災の混乱冷めやらぬなか「震災後の仙台、東北、そして日本を励ましたい。これからの復興に向け、自分たちに出来ることはないだろうか。」という呼び掛けから産声をあげた劇団。東北に根差した作品性と、各シーンの爆発力で勝負していく特異なスタイルにより生まれた作品群は、「テンションとエモーションにおいて世界レベル」と評され、全国的なムーブメントを巻き起こしている。メンバーは全員男、舞台上ではほぼ裸である。若手演出家コンクール2013(主催:文化庁/一般社団法人日本演出者協会)にて総合演出澤野が優秀賞を受賞。福岡国際コメディ演劇フェスティバル2013にて「コント部門特別賞」受賞。結成5周年の節目に真冬の東北をキャンピングカーで巡演する「母さん、たぶん俺ら、人間失格だわ」を企画、同作品でCoRich舞台芸術まつり!2017春にてグランプリ受賞。今東北を熱くする劇団の1つである


Baobab

 

『radical jukebox 』

 

Baobab4年目にして投げかけるのは

情報まとった身体の報復。

消えゆく”スペースワールド”に思いを馳せつつ。

「こんな世知辛い世界だから、

せめて音楽ともない語らせて

ーあなたとわたしがおどるわけをー」

                                                                                                     

 

振付・構成・演出:北尾亘

出演:北尾亘、植田崇幸

チケット:前売り 2,000円    当日 2,500円

     学生 1,000円          小学生以下 無料

 

Baobab(from東京都)

主宰:北尾亘が全作品の振付・構成・演出を行い、メンバーの目澤芙裕子(制作/ダンサー)、米田沙織(ダンサー)と共に企画・運営を行う。
作品毎にダンサーや役者の垣根を越えた人材を募り、土着的でリズミカルなオリジナルの振付を用いた圧倒的な群舞が特徴。
「時に喋り歌い 沢山笑ってたまに泣く」 強いパフォーマンス性で、身体に留まらず[人間]を描きながらダンスと演劇の狭間を浮遊する創作手法が注目を集めている。


太めパフォーマンス

 

 『FUTOFES 2017』

 

太めパフォーマンスの最新・韓国コラボ作品と処女作の同時上演! 

 

 

 

 

 

 

 

 

      

 

チケット:前売り2,000円            当日2,500円 

     学生 1,000円     小学生以下 無料  

 

太めパフォーマンス

乗松薫と鉄田えみが2009年に結成。親しみやすさと力強さを武器に、地域の小さなイベントから劇場の舞台まで、さまざまな場で作品を発表。
踊るモットー【楽しく】を軸に、ダンスを通じて表現の可能性を模索している。2016年春からは枝光を拠点に活動している。


6-dim+(ロクディム)

 

『この瞬間を一緒に笑おう』

 

 人生は即興だ!脚本や筋書きのない即興芝居×即興コメディ。

観客に参加してもらったりの大笑い参加型パフォーマンス。

 

 

 

 

出演:渡猛、カタヨセヒロシ、りょーちん、名古屋淳

チケット:前売り2,000円 当日2,500円

     学生 1,000円     小学生以下 無料

 

・6-dim+(from東京都)

「この瞬間を一緒に笑おう」を合言葉に、観客と一緒に「今」を「楽しむ」即興芝居×即興コメディパフォーマンスをおこなう。セットや機材を揃えずとも上演できる特徴を生かし、ジャパンツアープロジェクトと称して日本全国で公演を実施。各地の芸術祭、演劇祭にも出演している。 また、「即興で芝居をすること」が創造性や自己表現、協調性などの分野で注目され、教育機関や企業向けにコミュニケーションを目的としたワークショップ活動も。